【刊行予定】スケッチで学ぶ建築文化史透視図から近現代建築の保存再生まで

著者:渡邉研司
分野:建築工学
ページ数:145
判型:A4判
ISBN:978-4-8446-0911-7
定価:本体 2,700円 + 税
2010年代からカリフォルニア、サンディゴのニュースクール建築学校とアメリカ建築家協会(AIA)、生命科学研究所として有名であり、その研究所の建築の設計をルイス・カーンが行ったことでも知られるソーク生物学研究所が共同で設立した、「建築のための神経科学学会(ANFA)」では、脳科学(ブレインサイエンス)、神経科学(ニューロサイエンス)、認知科学(コグニティブサイエンス)など、科学として人間の感覚や感性、感情と建築空間やデザインプロセスを結びつけようという試みが行われている。このことを知った著者は、これからの建築の進むべき道は神経建築学(ニューロアーキテクチャ)ではないかと直感しつつ、自ら行ってきた保存や再活用を含めた近代建築史研究の成果と新しい建築のあり方、すなわち理論と実践をなんとか結びつけたいという執念にかられる。
この理論と実践の結合に対する執念と、著者の15年に及ぶ教育や研究において、人間が有する身体的な感覚、すなわち手を動かしてスケッチすることの大切さを授業に取り入れることが出来ればという思いが結びついて誕生したのがこの本である。
近年、CADやAIによってその喪失に拍車がかかっている建築、そして都市に対する私たちが有する触覚的な感覚や感性を、もう一度取り戻すために最適の書である。
目次正誤表追加情報
Contents
Lecture1
第1講 
ガイダンス 講義のねらい

Lecture2/3/4
第2講 
近代思考=透視図の始まり(視覚革命1)
Sketch Workshop Lecture 2
第3講 
描いている自らを描く=自画像の始まり(視覚革命2)
Sketch Workshop Lecture 3
第4講 
風景の誕生のピクチャレスク(視覚革命3)
Sketch Workshop Lecture 4
   
   西方への旅1―Toscana+Rome+South Italy

Lecture5/6/7
第5講
記憶装置としての廃墟と遺跡
Sketch Workshop Lecture 5
第6講
創られた伝統 ゴシック vs クラシック
Sketch Workshop Lecture 6
第7講
美しさを問い直す アール・ヌーヴォーとエコロジー
Sketch Workshop Lecture 7
   
   西方への旅2―Christpher Wren + London

Lecture8/9
第8講
トルコからイギリスへ 鉄と近代建築の出会い
Sketch Workshop Lecture 8
第9講
ローマからフランスへ 鉄筋コンクリートと近代建築の出会い
Sketch Workshop Lecture 9

Lecture10/11
第10講
憧れからライバルへ
建築家ル・コルビュジエ(近代建築の巨匠 1)
Sketch Workshop Lecture 10
第11講
建築も都市も生きている
建築家フランク・ロイド・ライトの有機的建築(近代建築の巨匠 2)
Sketch Workshop Lecture 11

   西方への旅3―Le Corbusier

Lecture12/13/14
第12講
集まって住むこと 理想の共同体を求めて
Sketch Workshop Lecture 12
第13講
建築家になるために 建築家教育の彼岸
AA スクールとジョサイア・コンドル
Sketch Workshop Lecture 13
第14講
命ある近代建築との共振=エンパシー 保存と再生に向かって
Sketch Workshop Lecture 14
   
   西方への旅4―Paris + Brno+Prague

Constellation of Architectural Culture 建築文化の星座

あとがき

図版出典

索引
現在お知らせするものはありません。
現在お知らせするものはありません。

関連書籍