CIM入門-建設生産システムの変革-

201601061449_0001
著者:矢吹信喜
分野:土木工学
ページ数:208頁
判型:A5判
ISBN:978-4-8446-0842-4
定価:本体 2,600円 + 税
本書は、CIMについて学びたい産官学の社会人や大学院生・大学生を主な対象として執筆した。理解を深めるために、歴史的な視点でどういう経緯で技術が発生したかを記述している。また各章の冒頭に概要とキーワードを記した。
目次正誤表追加情報
目次


はじめに 
第1章 CIMとは 
1.1 BIMとは 
1.2 CIMの開始 
1.3 CIMの定義 
第2章 建設分野を取り巻く課題 
2.1 日本の建設分野 
2.2 土木分野の特徴 
2.3 海外の建設分野 
第3章 設計・施工と情報伝達の歴史 
3.1 大昔の設計と施工 
3.2 デカルト座標系 
3.3 画法幾何学と青図 
3.4 コンピュータとCAD 
3.5 人同士から機械同士の情報伝達へ 
3.6 歴史的考察 
第4章 CIM利用の現状 
4.1 2012年度CIMモデル事業 
4.2 2013年度CIMモデル事業 
4.3 2014年度CIM試行事業 
4.4 現状のCIMの効果と課題 
4.5 CIMプロジェクトの紹介 
第5章 3次元モデリングの基礎 
5.1 立体のモデリング手法 
5.2 ソリッドモデルの留意事項 
5.3 レンダリングとアニメーション 
5.4 VRとAR  
第6章 プロダクトモデル 
6.1 オブジェクト指向技術の誕生まで 
6.2 オブジェクト指向技術とは 
6.3 プロダクトモデルとは 
6.4 国際標準ISOのSTEP 
6.5 buildingSMART International 
  6.6 IFC(Industry Foundation Classes) 
第7章 測量とGIS
7.1 GPSとGNSS 
7.2 レーザ計測技術 
7.3 写真測量技術による点群データの生成 
7.4 水中の地形や物体の計測 
7.5 GIS 
第8章 地形と地層の3次元モデリング 
8.1 地形の3次元モデリング 
8.2 地層の3次元モデリング 
第9章 道路等の線形構造物の計画と設計 
9.1 道路の3次元設計ソフトウェアの概要 
9.2 LandXMLについて 
9.3  IFC Alignment 1.0 
第10章 構造物の設計とCIM 
10.1 構造物の設計 
10.2 製造業のCAEとBIM/CIMの違い 
10.3 LOD 
10.4 パラメトリック・モデリングとライブラリ 
第11章 施工とCIM 
11.1 情報化施工 
11.2 情報化施工とCIM 
11.3 4DモデルとEVMS 
11.4 ICタグとCIM 
11.5 施工時におけるデータの蓄積と保存 
第12章 維持管理とCIM 
12.1 BIMのCOBie 
12.2 土木構造物の維持管理の重要性 
12.3 センシング 
12.4 国土基盤モデル 
第13章 土木プロジェクトマネジメント
13.1 公共土木工事の発注方式の概略史 
13.2 設計・施工分離発注と設計・施工一括発注 
13.3 多様な入札契約方式 
13.4 IPD(Integrated Project Delivery) 
第14章 先進諸国の取組み 
14.1 米国におけるCIM技術調査2013 
14.2 欧州におけるCIM技術調査団2014 
第15章 CIM技術者の育成とCIMの将来像 
15.1 CIM技術者の育成 
15.2 CIMの将来像 
おわりに 
現在お知らせするものはありません。

関連書籍