文化創造としての公共事業とその最前線公共事業の思想

著者:社会基盤技術評価支援機構・中部
分野:土木工学
ページ数:192頁
判型:A5判
ISBN:978-4-8446-0797-7
定価:本体 2,500円 + 税
(社)社会基盤技術評価支援機構・中部が開催してきたPIセミナーの第4回から第6回(平成21年~23年)までの講演内容をまとめたもの。取り上げられているものは公共事業の意義とその評価について文化創造という立場から議論した内容をまとめている。
目次正誤表追加情報
第1章 21世紀のインフラストラクチャー-国土創造文化の観点から―
第2章 国土学から見る日本人の思考の陥穽  
第3章 日本にとってなぜ公共事業は必要か
第4章 公共事業が日本を救う~日本の文化的凋落をとめるために~
第5章 公共事業評価の考え方
第6章 公共事業と採算性
第7章 公共事業の新規着手時及びその後の事業の妥当性評価の仕組み
第8章 今後の交通需要と道路整備
第9章 人口減少・高齢社会における社会資本のあり方~新しい公共の役割~
第10章 地方都市の公共交通事業と都市再生~都市文化の創造~
第11章 ボトムアップ型公共事業~市民発意・NPO参加の事例~
現在お知らせするものはありません。
現在お知らせするものはありません。

関連書籍