連続繊維による耐震補強正しい設計・施工の基礎知識

著者:繊維補修補強協会運営委員長 小畠 克朗
分野:土木工学
ページ数:130頁
判型:B5判
ISBN:978-4-8446-0638-3
定価:本体 2,500円 + 税
連続繊維補強材を用いた耐震改修で所定の強度を発揮するには、正しい施工が不可欠である。本書は、連続繊維施工管理士および連続繊維施工士の資格認定を目的として、繊維補修補強協会が行う教育研修会用に執筆されたもので、連続繊維補強工法の施工管理技術者および施工技能者を対象に、連続繊維補強工法の基礎知識についてのべている。
目次正誤表追加情報
第1章 既存不適格構造物の補修補強は社会的要請である
第2章 どのような応力をどのように補強するのか -連続繊維補強材による補強法
第3章 どのような材料や品質・性能のものを用いるか -連続繊維補強材の材料諸特性
第4章 連続繊維補強材を用いて正しく設計する基礎知識 -連続繊維補強工法の設計法
第5章 どのように施工するのが正しいか -連続繊維補強材による補強工事の施工法
第6章 補強対象に応じて適切に設計し施工する -連続繊維補強工法の設計・施工法と施工例
第7章 連続繊維補強材は構造物の長寿命化に活用できる
現在お知らせするものはありません。
現在お知らせするものはありません。

関連書籍